05/17(金)19:30-21:40 アニメ「まんが日本昔ばなし」に学ぶ6W2H~サスペンスとミステリーの作法

今回のGraphiumカレッジコースでは、「まんが日本昔ばなし」を題材にし下記の作品を中心に物語の6W2Hについて学びます。

  1.  『佐吉舟』Whenいつ

  2.  『墓場の犬』Whereどこで

  3.  『雪の夜泊まり』Who誰が

  4.  『牛鬼淵』What何を

  5.  『日高峠の大きな手』Whyなぜ

  6.  『吉作落とし』Whichどちらを

  7.  『不思議なコマ犬』Howどうして

  8.  『飯降山』How muchどれぐらい

 ※講義は作品を未見の方も学べるようにきちんとフォローしますのでご安心ください

傑作が多いと言われる「まんが日本昔ばなし」ですが、今回の講義では、題材の作品がいかに優れているのか、どこを学ぶべきなのかプロの目線で解説します。

こんな方にオススメ

  • 読切作品・短編作品を描く力を磨きたい

  • 短いページで作品を面白くするにはどうすれば良いのか学びたい

  • 読者の興味を引く手法をサスペンス・ミステリーから取り入れたい

  • 作品創りで「5W1H」(6W2H)が大事と言われるがくわしく知りたい

講師プロフィール

喜多野土竜(きたの・もぐら)

マンガ原作者・編集者。複数メンバーによる共同ペンネーム。今回講師を務めるメインライターは1993年青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に10年と2ヶ月勤務後、独立してフリーに。マンガ原作以外にも月刊少年ライバルの企画記事ページ『ライバルドリームマッチ』のページや、『東京近郊動物園・水族館ガイド』などのガイド本の執筆参加や、『世界の王朝興亡史』など歴史関係書籍の執筆や、『時代小説100選』で時代小説の解説を一部執筆。2011年より京都嵯峨芸術短期大学マンガ分野非常勤講師。MANZEMI基礎講座講師。


会場

東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階
NPO法人NEWVERY五反田オフィス会議室

 

【公式サイト】
https://graphium.jp/school

【注意事項】
申し込み前に必ず利用規約をご確認ください。
https://graphium.jp/school-terms