Asset 1@2x.png
 
 

未来のマンガ産業を担うクリエイターを育成する

 
art-1868727_19202.jpg
 
Asset 22@4x.png
 

Graphium School
カレッジコース

実践的な演習講座とオンライン指導による漫画家育成支援プログラム

Graphium Schoolカレッジコースが目指すことは、単なるマンガ講座ではありません。プログラムを通じて、職業人としてのスキルだけでなく、表現のプロフェッショナルとして、これからのマンガ産業で通用する人材を育成することを目指しています。

shutterstock_323090483B.jpg

プログラムの特徴

①1コマから受講できるため、忙しい社会人におすすめです。
②専用のSNSを通じて、講師と受講生の間で目標を定め、定期的な進捗管理を行います。(※)
③毎回の講座終了後にオフィスアワーを設定し、講師に対面での個別相談ができます。(※)
④Graphium Worksを通じてマンガ関連のお仕事を優先紹介するため、スキル向上と仕事を両立しやすくなります。(※)

(※)11講座以上を受講する総合プログラム受講者限定

Asset-16@20x.png

近日開講予定の講座

 

12/14(金)
19:30-21:40

【特別講座】漫画原作者歴30年のベテラン作家から学ぶキャラクターとドラマの創り方

今回のGraphiumカレッジコースは、ベテラン漫画原作者、鍋島雅治先生を講師にお招きして特別講座を開催します!過去に映画化・ドラマ化された作品を多数もつ漫画原作者だからこそ知るキャラクターの立て方や、ドラマの盛り上げ方を学ぶ貴重な機会をぜひお見逃しなく!

◆講座内容の詳細

本講座では、「キャラクター編」と「ドラマ編」のふたつを取り上げます。

◯キャラクター編〜キャラクターはなぜ重要なのか。その作り方とは?〜

キャラクターがなぜ物語(特にマンガ)の中で最も重要なのかを原作者としての視点から解説しながら、
- 魅力的なキャラクターはどのように作ればよいのか
- キャラクターを生き生きと作中で動かすにはどうすればよいか
- キャラクターを立てる(印象付ける)具体的な技法とは
といったことを学びます。

◯ドラマ編〜良い作品に大事なことは、ストーリーよりもドラマである〜

マンガにとって大切なことは、ストーリーよりもドラマである、という前提に立って
- なぜドラマが大事なのか
- そもそもドラマとは何か
- ストーリーとはどう違うのか
- キャラクターをドラマに投げ込む方法
といったことを学びます。

◆こんな方にオススメ

  • 物語が思うように転がらない、前に進まない時に、具体的に何をすればよいかアドバイスが欲しい。

  • キャラクターの立たせ方についてアドバイスが欲しい。

  • キャラクターを物語のなかでもっと動かしたいけれど具体的な方法が分からない。

  • TwitterやFacebookで自社の魅力を、もっとキャラクターとして引き立たせたい、キャラ立ちさせたい

  • プレゼンテーションで人を惹きつけるストーリーテリングのコツをつかみたい

  • 自社のプロダクトやサービスの魅力を、もっとストーリーを通して伝えたいけれど、ストーリーの創り方が分からない

  • 自社やサービスのブランディングで、誰にどうやってストーリーを伝えればよいか分からない

  • 経営者として日々奮闘しているけれど、自分のキャラクターを立たせて営業に役立てたい

◆講師プロフィール

鍋島雅治(なべしま・まさはる)

漫画原作者・作家。30年間筆一本。映画化ドラマ化された「検事・鬼島平八郎」 「築地魚河岸三代目」「火災調査官・紅蓮次郎」などの著作多数。近年、コミケにも参戦。東京工芸大学マンガ学科非常勤講師

◆講師・鍋島雅治先生より受講生へのメッセージ

皆さんは既に、漫画をかなり描けて、プロを目指されていることと思います。それでもデビューや連載を勝ち取れない。もしくは連載していても人気がもう一つついてくれない。面白くならない。そういう方が現状をブレイクスルー(突破する)きっかけになれるような講義を目指します(実際にそういう方々が過去の受講生にたくさんいらっしゃいます)

単なる精神論や、気合い入れではない。皆さんが「目から鱗が落ちた」「コツを掴んだ」と思えるような実際的な効果の得られる講義だと思います。時間の許す限り、具体的な質疑応答やアドバイスにも応えたいと思います。

◆講座料金
1チケット9,800円(税別)

◆会場
東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階
NPO法人NEWVERY五反田オフィス会議室

◆注意事項
申し込み前に必ず利用規約をご確認ください。

 
 

講座概要

名称:Graphium School カレッジコース

対象:一定レベルの実力を持つマンガ家志望者

開催頻度:月1~2回程度(月末日曜日2コマ+平日夜1コマ開講予定)

開催場所:東京23区内(山手線沿線エリアで開催予定)

講師:喜多野土竜(メイン講師)、その他外部講師の登壇を予定

background orange.001.png
 

 プログラムの仕組み

「シングルチケット」と、まとめて購入したらお得な「プログラム回数券」の2パターン

 
 
Asset 26@4x.png

 
  • 表記価格はすべて税別です。

  • 購入後のキャンセルはお受けできませんのであらかじめご了承ください。

  • 購入・キャンセル規定についてはGraphium Schoolカレッジコース利用規約をご確認ください。

  • 1講座につきチケットが1枚必要になります。

  • 今なら講義開催日前日までのプログラム回数券のお申し込みであれば、振込確認のご連絡前であっても講座への出席が可能です。その場合は、プログラム回数券お申し込みの際に「直近開催の講座で予約を希望するもの」にチェックを入れてお申し込みください。

  • ご不明点があれば、お問い合わせフォームまたはメール(tokiwaso@newvery.jp)にてお問い合わせください。

受講の流れ
(回数券購入の場合)

 
Asset 11@6x.png

購入申し込み

申し込みフォームにご記入ください。直近開催の講座に参加希望の場合は、フォームにチェックを入れて下さい。前日までのお申し込みで出席可能です。

Asset 4@3x.png

料金の振込

銀行口座に振込みをお願いします。振込みを確認しましたら、運営側から講座予約フォームをご連絡します。

Asset 5@3x.png

講座の予約

フォームから講座をご予約下さい。申し込み直後の開催講座の場合は、講座予約フォームの登録前でも構いません。直接会場へお越しください。

Asset 15@6x.png

講座の受講

会場へお越しください。初回時に受講証をお渡しします。また回数券の使用の証として受付時に回数券の半券をお渡しします。

Asset-16@20x.png
 

講師紹介 

 
 
2be646_ae96bc2c3fa543beace4348d96e1b57e.jpg

喜多野 土竜(きたの もぐら)

マンガ原作者・編集者。複数メンバーによる共同ペンネーム。今回講師を務めるメインライターは1993年青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に10年と2ヶ月勤務後、独立してフリーに。マンガ原作以外にも月刊少年ライバルの企画記事ページ『ライバルドリームマッチ』のページや、『東京近郊動物園・水族館ガイド』などのガイド本の執筆参加や、『世界の王朝興亡史』など歴史関係書籍の執筆や、『時代小説100選』で時代小説の解説を一部執筆。2011年より京都嵯峨芸術短期大学マンガ分野非常勤講師。MANZEMI基礎講座講師。

 

注意事項

チケットの購入後のキャンセルはお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。講義の各回には最少催行人数を設けます。予約者数が最低催行人数に達しない場合は講座を開講しない場合があります。(シングルチケットについては払い戻しを行い、プログラム回数券の予約分は未消費として取扱います。)

講義の各回には定員があります。定員を超えた場合には、プログラム回数券を保有している受講者でも受講できない場合がありますのであらかじめご了承ください。なお各回においては先着順で予約を受け付ける予定です。

オフィスアワーでの講師の対面指導は各回人数を限定して行います。全ての希望者が対応できない場合があります。

総合プログラム受講者の特典サービスは、各プログラム回数券の定める有効期限の期限内で有効とします。

総合プログラム受講者の特典サービスは、その内容、種類、頻度等につき、予告なく変更をする場合があります。

その他詳細なルールについてはGraphium Schoolカレッジコース利用規約をご確認ください。

 

法令表記

利用規約
運営団体のNEWVERYと受講者の皆さんとの間の権利関係を定めたものです。

特定商取引法に基づく表記
電子商取引に関する主要な条件を定めたものです。


法人の方へ