Asset 1@2x.png
 
 

未来のマンガ産業を担うクリエイターを育成する

 
art-1868727_19202.jpg
 
Asset 22@4x.png
 

Graphium School
カレッジコース

実践的な演習講座とオンライン指導による漫画家育成支援プログラム

Graphium Schoolカレッジコースが目指すことは、単なるマンガ講座ではありません。プログラムを通じて、職業人としてのスキルだけでなく、表現のプロフェッショナルとして、これからのマンガ産業で通用する人材を育成することを目指しています。

shutterstock_323090483B.jpg

プログラムの特徴

①1コマから受講できるため、忙しい社会人におすすめです。
②専用のSNSを通じて、講師と受講生の間で目標を定め、定期的な進捗管理を行います。(※)
③毎回の講座終了後にオフィスアワーを設定し、講師に対面での個別相談ができます。(※)
④Graphium Worksを通じてマンガ関連のお仕事を優先紹介するため、スキル向上と仕事を両立しやすくなります。(※)

(※)11講座以上を受講する総合プログラム受講者限定

Asset-16@20x.png

近日開講予定の講座

 

11/15(木)19:30 - 21:40

漫画のストーリーをぐっと面白くするエピソードの作り方とは?
エピソード創作論vol.1「乗り物パニック」

これまで編集者に

「作品の出だしが良くない」
「キャラクターの魅力が伝わってこない」
「冒頭でもっと事件を起こさないと」と言われたことはありませんか?

Graphium Schoolカレッジコースの講義では、読者の興味を惹く・キャラクターの魅力を描くための「エピソード」のアイデア出し演習を次回以降、複数回に渡って行います。

  • ストーリーの骨格はできているが肝心の「エピソード」が盛り上がらない

  • 作品をブラッシュアップさせたいけれど、どこに手を入れれば良くなるのかが分からない

  • 自分の作品の本来の魅力をどうすれば引き出せるかが分からない

このような悩みを抱えている方は、ぜひご参加ください!

次回講座のテーマは、1994年に公開された『スピード』など映画の1ジャンルにもなっている「乗り物パニック」を取り上げます。

自分の考えたキャラクターが暴走した列車に乗っていたらどうなるだろう等、講師・受講生全員でディスカッションをしてアイデア出しをゼミ形式で演習することで、作品の魅力をぐっと引き立たせるコツを学びます。


◆講座料金
1チケット9,800円

◆講師
喜多野土竜(編集者・漫画原作者)

◆会場
東京都品川区西五反田7-13-6 五反田山崎ビル5階
NPO法人NEWVERY五反田オフィス会議室

◆注意事項
申し込み前に必ず利用規約をご確認ください。

 
 

講座概要

名称:Graphium School カレッジコース

対象:一定レベルの実力を持つマンガ家志望者

開催頻度:月1~2回程度(月末日曜日2コマ+平日夜1コマ開講予定)

開催場所:東京23区内(山手線沿線エリアで開催予定)

講師:喜多野土竜(メイン講師)、その他外部講師の登壇を予定

background orange.001.png

今後開講予定の講座

  • 11/25(日)13:30-15:40「ネオ三題噺作話術」

  • 11/25(日)15:50-18:00「欲驚嫌悦の作話術」

  • 12/14(金)19:30-21:40「乗り物パニック作話術」

  • 12/23(日)13:30-15:40「調整中(後日公開)」

  • 12/23(日)15:50-18:00「調整中(後日公開)」

    ※タイトルは全て仮題となります。


2019年開講予定講座

  • 01/18(金)19:30-21:40「ゲスト講師(予定)講義」

  • 01/27(日)13:30-15:40「乗り物パニック作話術」

  • 01/27(日)15:50-18:00「漂流譚作話術」

 

 プログラムの仕組み

「シングルチケット」と、まとめて購入したらお得な「プログラム回数券」の2パターン

 
 
Asset 26@4x.png

 
  • 表記価格はすべて税別です。

  • 購入後のキャンセルはお受けできませんのであらかじめご了承ください。

  • 購入・キャンセル規定についてはGraphium Schoolカレッジコース利用規約をご確認ください。

  • 1講座につきチケットが1枚必要になります。

  • 今なら講義開催日前日までのプログラム回数券のお申し込みであれば、振込確認のご連絡前であっても講座への出席が可能です。その場合は、プログラム回数券お申し込みの際に「直近開催の講座で予約を希望するもの」にチェックを入れてお申し込みください。

  • ご不明点があれば、お問い合わせフォームまたはメール(tokiwaso@newvery.jp)にてお問い合わせください。

受講の流れ
(回数券購入の場合)

 
Asset 11@6x.png

購入申し込み

申し込みフォームにご記入ください。直近開催の講座に参加希望の場合は、フォームにチェックを入れて下さい。前日までのお申し込みで出席可能です。

Asset 4@3x.png

料金の振込

銀行口座に振込みをお願いします。振込みを確認しましたら、運営側から講座予約フォームをご連絡します。

Asset 5@3x.png

講座の予約

フォームから講座をご予約下さい。申し込み直後の開催講座の場合は、講座予約フォームの登録前でも構いません。直接会場へお越しください。

Asset 15@6x.png

講座の受講

会場へお越しください。初回時に受講証をお渡しします。また回数券の使用の証として受付時に回数券の半券をお渡しします。

Asset-16@20x.png
 

講師紹介 

 
 
2be646_ae96bc2c3fa543beace4348d96e1b57e.jpg

喜多野 土竜(きたの もぐら)

マンガ原作者・編集者。複数メンバーによる共同ペンネーム。今回講師を務めるメインライターは1993年青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に10年と2ヶ月勤務後、独立してフリーに。マンガ原作以外にも月刊少年ライバルの企画記事ページ『ライバルドリームマッチ』のページや、『東京近郊動物園・水族館ガイド』などのガイド本の執筆参加や、『世界の王朝興亡史』など歴史関係書籍の執筆や、『時代小説100選』で時代小説の解説を一部執筆。2011年より京都嵯峨芸術短期大学マンガ分野非常勤講師。MANZEMI基礎講座講師。

 

注意事項

チケットの購入後のキャンセルはお受けしかねますので、あらかじめご了承ください。講義の各回には最少催行人数を設けます。予約者数が最低催行人数に達しない場合は講座を開講しない場合があります。(シングルチケットについては払い戻しを行い、プログラム回数券の予約分は未消費として取扱います。)

講義の各回には定員があります。定員を超えた場合には、プログラム回数券を保有している受講者でも受講できない場合がありますのであらかじめご了承ください。なお各回においては先着順で予約を受け付ける予定です。

オフィスアワーでの講師の対面指導は各回人数を限定して行います。全ての希望者が対応できない場合があります。

総合プログラム受講者の特典サービスは、各プログラム回数券の定める有効期限の期限内で有効とします。

総合プログラム受講者の特典サービスは、その内容、種類、頻度等につき、予告なく変更をする場合があります。

その他詳細なルールについてはGraphium Schoolカレッジコース利用規約をご確認ください。

 

法令表記

利用規約
運営団体のNEWVERYと受講者の皆さんとの間の権利関係を定めたものです。

特定商取引法に基づく表記
電子商取引に関する主要な条件を定めたものです。


法人の方へ